スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントご紹介

bluebellさんより頂きました。

こんばんは。本日3回目の観劇をして参りました。
前回はお友達と一緒でしたのでウキウキドキドキを共有出来たのですが
今日は一人でしたので黙々と自分一人の世界に集中しました。そのせいでしょうか・・・
何度も涙ぐみました。いろいろな感情が押し寄せてくるようです。

お芝居は16日に観たときより更に深まっていました。これは宙組の皆さんが持てる力を余すことなく出していたからに他なりません。その気持ちが嬉しくて健気で・・・(涙)・・・。
演者によって大いに助けられている作品かもしれません。少なくとも見応えのある舞台に仕上げているのはかなめちゃん達のエネルギーや努力ですね。

ショーは本当に盛りだくさんで何度見ても飽きることがありません。
プロローグの黒に金の模様のお衣装も素敵です! ウエスタンな感じがしませんか?
カナメールの七変化は毎回笑いが起きています。
かなめちゃんはコメディエンヌとしての才能もありますね。アドリブも楽しい!!
火の鳥の怪しいまでの美しさはかなめちゃんならではです。
本当に彼女のオーラは堂々たるもの・・・エンターテナーとしての15年の集大成だと思います。
こんなキラキラした舞台は宝塚以外ではもう出来ないでしょうから、しっかり目に焼き付けておきましょう・・・と(涙)・・・。

かなめちゃんの卒業まで20日を切りましたね。
何人かの方が書いておられますが、最後は大ロマンスかコメディーか・・・いずれにしろ
みりおんちゃんとのトップコンビの集大成を期待していたと・・・当然そうなるものだと
私も信じて疑いませんでした。が・・・蓋を開けてみると、えっ!! 何!?
もう遅いのですが、そういう要望を劇団側に出すべきだったと後悔しています。
しかし劇団がファンの気持ちを分かっていないというのは問題ですね。

かなめちゃんは本当に頑張られました!!
「ありがとう!!」と言うのはこちらです。
プレッシャーで潰されそうだった日々も乗り越え、精神的にも強くなられてますね。
最近、スカイステージ等や歌劇、グラフその他の雑誌でのインタビューを通してかなめちゃんの芝居に対するストイックなまでの取り組みを知るにつけ、全力疾走のトップの日々は大変だったろうと察しています。
最後までキラキラ輝いて走って下さいね。ついていきます!!



bluebellさん、ありがとうございます。
私も15日に観た時よりもより深まっていたと感じました。
最後に波乱の舞台となり、それはそれで組がひとつになって取り組む姿勢が見えて「終わりよければすべて良し」とすべしだなと。サヨナラの舞台を観られるだけでも幸せだなと感じています。
そして、仰るように、辞めたらこんなキラキラした舞台は二度と観られないかも知れません。
ファンの方でも実際にその舞台を観られない人は多いと思います。その人たちの分まで楽しまねば!!

さて、私も昨夜観劇してきました。
お芝居は、グスタフとアンカーストレムの行き違いをより強く見せるようになっているのと、ソフィーの心の変化に気づきそっと抱くシーンが加わった事で、より分かりやすくなってきたと思います。
今はもう限られた場面、セリフで深めていくのみですよね。
舞台の幕を開ける前に見極めて欲しかったとつくづく思います。「仮面の男」のような事が再びあってはならないのに・・・
ショーのオープニングは洒落てて(アパショナードみたいで)楽しめます。ここのかなめちゃんは好きです。
ただし、最後にかいちゃん以下5人が銀橋で歌うのですが、これからの人達ご紹介の意味と観客を釣ろうというのならもっと洒落ててリズムのある歌と振り(みんな同じ振りなので変化をつけにくい)をつけて欲しかった。残念です。
そして、初見の時にも書きましたが、七変化は長くて時間が勿体無いと。まあ、でも、楽しめる場面になっているのは確かですが。
サラマンダ-は唯一ダンスを楽しめる場面でこういうのは好みですね。真ん中のまぁ君、そして、あいちゃん、リク君、そら君、あーちゃんや娘役さん達を順番に見たり。
その後中詰めは慌ただしいのと色の氾濫と、かなめちゃんの衣装が踊りにくそうなのと。(もっと踊って欲しい)
若手さん達を銀橋に登場させるのは良いけれど、テンポが速すぎて歌詞聞き取れないのと誰なの?で終わってしまう不満が。
火の鳥は、一番好きです。不思議な振りをかなめちゃんがきちんと表現されているのが嬉しい。(桜木先生の振りは良いなぁ)その後のフェニックス(再生)は、ジメッとせず軽快で爽快な別れの場面。
黒燕尾では、次々と相手が変わっていくのは仕方ないかなぁとは思いつつも、みりおんちゃんとラストぐらいがっつりとデュエットダンスを踊って欲しかったなぁと。
そして、かなめちゃんが一人で銀橋で歌うところは、毎回何故か突然に胸にグッと迫ります。その後幕が下りたのには、初見時に驚きましたが。(笑)
昨日も2階席からの観劇で全体を観ていましたので、やっと感想がまとまりました。(楽しみつつも辛口ですが)
まだ何回か観られる筈ですので、より集中して観たいと思います。
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。