観てきました。

とてもとても繊細に演じている姿に拍手するのも忘れて見入ってきました。
「下がれ!」の後の流れが、とても切なくて。
場面場面を切り取って観ていると美しい.

知人が実際には観ていないけれど「最後に宝塚の醍醐味であるコスチューム物で王様で美しく気品があってまさにピッタリな役よね」と言ってくれました。
本当に、こんなにもコスチュームが似合うトップさんってそうそう居ないですよね。
最後の明るい金色にブルーの帯を掛けているのがとても美しい。

ショーはお芝居の感情を吹き飛ばすように楽しい。そう、楽しんでなんぼ。

ということで、徐々に満足度が上がってきています。


ここで、hanihaniさんより新人公演の感想コメントを寄せていただきました。ご紹介します。

新公拝見しましたが、大劇よりもさらに良くなっていました。
先ず卒業の94期の芝居のうまさに感動。
ラストの長の挨拶で大劇でも感動しましたが、風馬翔くんの挨拶のうまさ!
また主演のずんちゃんの挨拶が良くてね…私もじわっと涙しましたが、後ろでリリホルンのあーちゃんがワンワン泣いていて面白かったです。そしてよ、そして!
今回もあーちゃんの歌が素晴らしかったです。ビジュアルも良かったし。
ところで、レポにありましたがこの芝居は難しいですが
ずんちゃんはかなめさんとは全く違う方向に造ってきたと感じました。
この王様ならソフィアとの間に子供いそうだし、
ヤコブとももっとうまく付き合えたように感じました。
なんというか、同じ原田先生の演出なのに要所要所に違いを感じさせられる芝居で、
今回初めてこの作品を面白くみれましたよ~(笑)

ハプニングでは戴冠式でマントが取れちゃったとか
(やはりかなめさんのマントさばきは最高なのねと実感!)
リリホルンが自殺しかけるところで、全然出て来なくて
王様が脇から出早しちゃったり…
リリホは衣装早変わりに何か引っかかったとかで
間に合わなくなったらしいですわ。
ソフィア様は、みりおんより更に寂しげな空気をまとったかんじ?
勝利の女神とはなりえなさそうでしたが
ずんちゃんの明るさで「君は勝利の女神だ」というので
そうかそうかと納得です。あそこ抱き合いそうでした(笑)
瑠風くんの農民リーダーは大劇よりすごく良くなってて
オケボックスから上がってくるときにオーラが強くなってて
「スター登場☆」と感じました。
後ろの仲間たちは下級生ばっかりなのでなんかぼけっとしてるというか、
ぽちゃぽちゃしていて、少し男役度をアップさせる必要あるな。
そういうところが、雪や月新公に比べて宙組がゆるいと私が感じるところです。


hanihaniさん、感想をありがとうございます。
最後に本音が・・・(笑)
今日も下級生男役さんを見回していて、小さくてぽっちゃりさんが多いな、男役度が低いな、と感じていたところでしたので、hanihaniさんの感想を読んで苦笑いでした。
なかなか新公までは見る機会が無くていつもレポを読むばかり。
でも、本公演を観ている時に、あの役の人ね、とか、この人かぁと思いつつ見回しています。
新人発掘には打ってつけですが、チケット入手が・・・問題でございます。


関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する