コメントご紹介

kameさんより頂きました。

宙組公演後わずかになりましたね。
1月に1度遠征し、お芝居、ショーとも変更点があり、新鮮な気持ちで観劇してまいりました。
また、今月もかなめちゃんを見送りに行く予定です。
スカイステージで、懐かしい色んなかなめちゃんが放送されていますが、劇場で観て、思い入れのある作品が始まると、ついつい見入ってしまいます。

さて、先日月組バウ公演の初日を観てきました。
主演の珠城さん、最近の宝塚では珍しい骨太なタイプの男役さんですよね。でも、そのガタイの良さが前に出て、あまり色気を感じないような・・・。それと、真面目なのかな?
ちえちゃんも、確かにガタイが良かったけど、もう少し愛嬌があったようにも思うのですが。(私がちえちゃんを認識したのがラインダンスを踊っているときだったからかな?)

バウ公演は、なかなか良かったです。
確かに、珠城さんの持つ良さが生かされていたし、月組の下級生は相変わらずうまいなと。1幕は、輝月さんが2番手なの?と思うほどでしたし、朝美さんもおひげがよく似あってました。

最近は、観劇にあてる時間に余裕ができてきたのでバウ公演を良く観に行くのですが、どこから観ても良く見えるし、臨場感があって大好きです。
初めてかなめちゃんをバウで観たのは「凍てついた明日」でしたが、あまりのかっこよさと作品の素晴らしさに大感動したのを覚えています。



kameさん、ありがとうございます。
そうですね、私も時折懐かしい場面を見ては当時を思い出したり。
「凍てついた明日」は、今の私には一番の作品です。たった一度しか観られなかったけれど、とても思い出深くて大好き!
あんな風に演じられる人は居ないと断言できます。カッコよくて独特の空気が流れてて~。(べた褒め)
バウのタマキチ君ね・・・はい、足りないものはありますね。とても真面目そうなのには同意です。
辛口で言えば、役によっての変化が少ない。役を自分に近づけるタイプかな。上手いとは認めても何か惹きつけられない。(ファンの方、すみません。)翳りを感じられないのが、私にはネックとなっています。
随分以前に書きましたが、太陽と月なら、月タイプが好きだからです。
私も今週はまた観劇です。お芝居、ショーともに深さを味わいたいと思います。


関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する