色々と、そして、コメントをご紹介。

ちえちゃんのDSのライブ中継が→こちらへ
DSの中継でも初めての事なのに、東京宝塚劇場でもやってしまうという・・・凄いですね~。

先週と今週でニュースの中「ステージサイドウォッチ」で宙組公演の青木朝子先生のインタビューがありました。
その中でフェニックスのイメージが未来に繋がるイメージでぴったりと。
自分を犠牲にして~再生~未来にはばたくイメージ。
七変化は、声色を変えてみたら?とアドバイスしただけで殆どかなめちゃんが自分で考えて歌っていると。
パレードは、かなめちゃんが「私、愛の宝石が好きなんです」と言うので『愛の宝石』にしたなど。
もっと早い時期に放送してほしかったです。
青木先生って可愛らしい方ですね。知らなかった。(^_^;)

さて、るる♪さんからのコメントをご紹介します。

kaoriyaさん、こんにちは~*^-^*
昨日、生では最後の観劇に行ってまいりました。
独りで淡々と座り、もう最後だと、ほぼかなめちゃんにロックオン状態で観てきました。
でも、この時期そういう感じの方が多いような気がしました。噛みしめにいらしてるというか。最後の黒燕尾あたりからは、おとなしくご覧になっていた両隣の方が涙をぬぐい始めて、もらい泣きしそうに・・・・
あちこちで書かれていますが、昨日は水さんコムさんがいらしていたとか。
B席でしたから、そんなこととはつゆ知らず、でしたが、後で知って、今日の舞台のあれやこれやがとても腑に落ちて、素敵な瞬間を観させてもらってありがたかったです。
かなめちゃんは、あくまでも淡々と最後の日まで舞台を務める気がしていたので、私にとっては意外なくらい、いろいろ感極まっている感じがそここに感じられた公演でした。
え、最終週に入っていきなり?! と、こっちが動揺^-^;
感じない方もいるだろう程度の微妙なものですが、大丈夫?まだだめ!くずれちゃだめ、ふんばれ! 
わかります?ひと歌謳いあげるのに、ある程度気力とコントロールが必要じゃないですか。
最後の銀橋のソロは、歌いだし前に気力に揺らぎが感じられて、胸騒ぎがしました。
心で謳っている感じがいつもに増して強く、それでもあまり発声の強さを変えないかなめちゃんが、そこは超越して、噛みしめ、伝える伝わる歌でした。
でも結果、きちんと成立してましたし、深い心根が伝わり、あとで思えば、今日はコムさん水さんへの感謝が大きくあふれ出ていたのだなと納得できる、最後の礼も、長い間の深い感謝を感じられるものだったと思いました。
あなたにこそ、ありがとう、と、心で伝えてきました。

みりおんちゃんの銀橋ソロが、伝わる歌になってきました。ここにきて、かと。「うまいわ~綺麗な声~」ではなく、鉛色の海の不安・心細さ・気持ちの変遷~愛情 を、一緒に共有できるシーンになっていました。
十分歌うまである彼女、そつなく一線を保ったものが出せる。でも、表現者として、実は裏返せば怖いその弱点を、かなめちゃんが指摘し続けたとしたら、みりおんちゃんにとってこの人を失うことはものすごく重大だと思いました。別に今ので「も」いいから、と特別言ってもらえない部分を突いてくれる人は、なかなかいない。
どうか想いは継承して、品のある伸びやかな成長をしてほしいなと、今日の変化を聴いて嬉しく思いました。

大事な事を書き忘れました。
かなめちゃん、ソロの最後のフレーズ「ありがとう」のフレーズを、本来の上にあがるメロディではなく、多分即興で、平坦に納めてうたいました。レミファソ~、ではなく、レドレミ~。かなり、(気持ちに)きてる、感じがしました。深い想いが、伝わってきました。
想いが溢れて、身体のコントロールもバランスが限界、で、とっさに変えたと、私は思いました。


るる♪さん、ありがとうございます。
コムさん、水さんがご観劇・・・そりゃもう想いがいっぱい溢れてきた事でしょう。
それをご覧になれて幸せでしたね~。
そして、みりおんちゃん、そうかも知れません。きれいな声以上のものを!可もなく不可もなくではなくて、より深いものを!叱咤激励とはそう言う事でしょうね。
かなめちゃんが大切にしてきた「心」「心を動かして」を一番伝えたいのかも知れません。
最後の「ありがとう」の音程を変えて・・・それも彼女の心の現れでしょう。
「ああ、大丈夫だろうか?」とドキドキしてきます。
るる♪さんの想いも伝わってきたコメント、ありがとうございます<(_ _)>



関連記事

Comment

No title
bluebell #- - URL
2015/02/11 (Wed) 21:23

いよいよ卒業まで秒読みに突入している今日、観劇してきました。
「白夜の誓いグスタフⅢ世・・・」はここに来て退団にふさわしい重厚な演目だと思うようになりました。グスタフ王の潔いそして熱い国への想いを描いたこの作品、いろいろ手直しがあったようですが、組子たちの最高の舞台を作り上げようという結束力が実っていると感動しています。かなめちゃんの発する台詞は正にグスタフです。優しさと揺るがない意志を持ったグスタフ王が息づいていました。音楽も壮大で良かったです。

トップになってからもいろいろな色の違う人物を演じて来られましたが、本当にこの人は役者だなと改めて感じます。私も太陽より月が好きなので、かなめちゃんの演じる翳りのあるところがたまらない!!のです。まだまだ観たかったという想いはありますが、この先、未知数の魅力を見せてもらえるかもしれないと大いに楽しみ、期待大です。

ショーはますます楽しいです。「孤独だっていいじゃな~い!」というフレーズはインパクトがあって覚えやすく記憶に残りやすいです。 私は七変化が大好物です。毎回笑わせてくれますもの。きたさんとは下級生の時から二個いち?と言われてきたそうですが、持ち味の違うお互いを尊重しながら良い味を出していますね。
どの場面も最後に向かっていとおしく涙を誘います。
みりおんの安定の歌唱力と柔軟性に触れ、かなめちゃんの相手役としてきっと成長したんだと思いました。次期トップの朝夏まなとさんもバトンを繋いでいくにふさわしい人だと感謝の気持ちで観ていました。

私の観劇は15日です。きっと泣いちゃうでしょうね。しっかりお見送りしたいと思います。

Kaoriyaさまのこのサイト、本当に有り難かったです。もうしばらく余韻に浸りたいですし
皆様のお声も聞きたいので、残していて下さいね。
心からありがとうござました!!

( 拍手欄からのコメントが送れないのでここに投稿しています。あしからず)

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する