スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントご紹介

koroさんより頂きました。

寂しさで撃沈しておりますが、kaoriya様のかなめさん情報にはげまされております。本当にありがとうございます。
かなめさんのいない、星組のボレロの放映をみて、改めてかなめさんの存在感の大きさがわかりました。あのオープニングの柔らかい笑顔、花が咲いたような華やかなオーラ、続く銀橋の色っぽいハット姿・・・大好きです。
ラストディは私もお台場でみておりましたが、会場は2部屋あり、私の観た部屋はシーンとしていましたよ。ちょっと寂しかったけれど、とても集中して観られました。
エカテリーナさんとの歌でミリオンちゃんが、翌日の舞踏会に出ないでとお願いにきた場面でマー君が、涙を流しているのがわかりました。
あと、さよならショーでの、モンテクリスト伯のデュエットのシーン、かなめさんが感極まっているように見えたのは気のせいでしょうか?そのかなめさんをミリオンちゃんが温かく包み込むような、母性愛のようなものが見えたような気がして、感動しました?
これからしばらく、録画にひたる日々が続きそうです。
kaoriyaさんのブログ、これからも楽しみにしております。


koroさん、ありがとうございます。
「ボレロ」は私も好きでした。かなめちゃんの色々な魅力を見せて貰えた作品でしたよね。
ラストディの映像では涙を確認できた事でしょう。私はオペラでは分かりませんでした。
それを確かめるにはCSの1年後の放送を見るしかないのかな?
宝塚の舞台では2度と観られないかなめちゃんの姿です。録画を見て色々感じましょう。
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。