コメントを頂きました。

おはようございます。
今日は朝から快晴。でも、花粉症の私には恐怖の快晴。(^_^;)

さて、amiさんからコメントを頂きましたのでご紹介します。

Amiです。
早いもので3月になり、かなめさんが卒業されてから1ヶ月になろうとしています。
ずっと、kaoriyaさんのブログで皆様のコメントを拝見させて頂いております。

今さらですが、以前にこんな事がありました。
一緒に観劇する友達が、仕事の都合で大阪に行ったので、大劇場でかなめさんの
サヨナラ公演を観劇したのだそうです。その事を聞いたのが東京公演の2日目。
私のサヨナラ公演の初観劇の日でした。
友達は、大劇場で観劇した事を私言わなかったんです。
観劇した時にショーは楽しかったけれど、解り難い所がるお芝居に納得がいかなくて、
私に言わなかったとの事でした。
そして東京で一緒に観劇終えた後すぐに友達は私に「大劇場と全然違う」と。
他にも話してくれたのですが、私の頭に残っ たのはこの一言でした。

通常ならかなめさんの公演は1公演2回、運が良ければ3回観劇できるかな?という私がサヨナラ公演は千秋楽の劇場中継をいれて、いつもの倍の回数観劇できました。
観劇の日にちが離れていた為、初観劇より次、また次と観劇する度にお芝居に変化があり、お芝居から感じるものが変わっていくのに驚きました。
特に、凜音さん。凜音さんのお芝居の変化に涙が止まらなくなりました。
そして千秋楽、かなめさんと組子全員のお芝居にはもの凄く感動し、中継ですが、観劇できて本当に良かったと思いました。

公演中に購入したBD、今までだったらその公演中でも購入したDVDを見ていたのに、大劇場を観劇した友達の言葉の事もあった為か、ずっと見ませんでした。
いえ、見なか ったのではなく、私の中で東京公演で満足していて見る事も忘れていました。
先日、ようやく購入したBDを見ました。
BDを見終えて、同タイトルの別の公演のように思えました。
大劇場公演を終え、よりいいものにしようと東京公演までの間にこんなに多くセリフや芝居の流れを変えたんだと思いました。
他の公演でも大劇場から東京までで変えてきているのでしょうか、こんなに変化した公演を私は初めて見ました。
そして、ここまで組子とともに作り上げできたかなめさんに出会えて良かったぁと思いました。

今後かなめさんみたいに夢中になれる方に出会えるかはわかりません。
かなめさんが最初で、最後かもしれません。
でも、宝塚は好きなので観劇は続けていきます。
チケットが取れない事もあり、私は4/6のTOP HATの初日まで観劇はお休みです。
(その後もチケットは取れていませんが)

かなめさんのコンサートも行ってみたい、でもな・・・と思うところもまだあります。

変な文章で終わることをお許し下さい。

kaoriyaさんのブログ、「kaoriyaの日々」「☆~夢のつづき~☆」
これからも楽しみに拝見します。


amiさん、ありがとうございます。
お稽古期間中は納得がいかなかったのでしょう。
公演中は実際に舞台で演じて感じて観客の反応を見て東京公演での変更に繋がっていったのかもしれません。
そして、組子さん達は変更していく様をつぶさに見ていたと思います。
それがより一致団結して向上する力を与えてくれたのだと思われます。言ってみれば組子全員で作り上げたと。
そんな最後の舞台は強く心に残るものです。「禍転じて福となす」ですね。
観劇をしても、しばらくはかなめちゃんが居ない事を寂しく思われるとは思いますが、宝塚はきっと夢と希望と癒しを与えてくれると思いますよ。チケットが取れたらぜひご覧になっていってください。
コンサート・・・実は、私も踏み切れなくて。(^_^;)
同じファンであっても、人それぞれに思いを持っていて、それは全員が同じという事はありません。
それぞれの思いに沿ってそれぞれのスタンスで良いと自分に言い聞かせています。
あちらのブログも覗いてくださっているのですね。
中途半端に行ったり来たりしている二つのブログですが、そのうちに形が定まってくると思います。
お目汚しかも知れませんが、これからも覗いて頂けたら嬉しいです。
よろしくお願いします。<(_ _)>
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する