かなめちゃん

やっぱり綺麗やな。

以前の舞台のビデオをたまに見たりするのですが、若い時から美しかった。

やっぱり、好きだったな。

昨日の記事のかなめちゃんも美しい。

そりゃ、昔のままでは無いけれど(昔も綺麗やったよ)、女性に戻って本来の美しさを取り戻し輝いていると。

どうか、そのまま綺麗でいてください。

諸々感じてきた事が時間の経過でどうでもよくなってきて、素直にそう思います。

これからの女優生活を、人生を、楽しまれますように。

でも、私は昔のスタンスには戻りません。

遠くから見ているだけで十分です。それでもこうやって楽しめますから。


関連記事

Comment

No title
kaoriya #N.vW.TCs - URL
2015/10/28 (Wed) 20:28

>lepuさん
本当にお久しぶりです。
折角訪ねてくださってるのに、ちっとも更新できなくてごめんなさい。
でも、訪ねてくださってありがとうございます。
私もやっと彼女本来の「らしさ」が出せるようになったのかな?と安堵しています。
かなめちゃんは意外に「気にしぃ」なのかも知れませんね。
12月のディナーショーはパスさせて頂きますが、アントワネットは観ようかなぁ・・・と思い始めています。
コメントを寄せてくださってありがとうございます。<(_ _)>

No title
lepu #- - URL
2015/10/28 (Wed) 13:09

本当に本当にご無沙汰しました。 私も習慣になっているので、kaoriyaさんのブログを毎日のぞかせて戴いています(^^)

かなめちゃんが退団してからは、かなめちゃんの愛した宙組の生徒さん達を見守っていきたいと、勝手な親心で宙組は観ていますが、あとは気が向いたものだけ、ぽつぽつというスタンスです。 でもこうやって客観的に淡々と観劇すると、宙組のお芝居は他の組とは一味違うような気がして、かなめちゃんの魂を感じます。

私は人としてのかなめちゃん(よく知っているわけではないのに)に興味があったところからファンになったので、bluebellさん同様、男役でも女優でも、彼女が自分らしく輝いていてくれれば嬉しいのです。
退団したらどこに道を見つけられるのか、とても興味津々でしたし、ブログでも大切な事は書かれていないので(かなめちゃんらしい気遣いかと)、あれこれ妄想するだけなのですが、ただ宝塚ではkaoriyaさんの仰る通り、仮面をかぶってトップを演じていたのかなと、感じます。 今の方がずっと解き放たれて、心からの笑顔のように見えます。 そしてやはり気品を感じます!
これからも”かなめ流哲学”で、他に流されず思うように生きていって欲しいものです。

”1789”は花總さんとのWキャストですから、プレッシャーもあるでしょうし、きっと今とても努力されていると思います。 小池先生の宝塚の演出では、マリーアントワネットの描き方が私は少し微妙な印象を受けましたので、東宝版でどんな風になるでしょうね。

kaoriyaさんのご観劇とご感想を切望しつつ・・・

 

おはようございます。
kaoriya #N.vW.TCs - URL
2015/10/19 (Mon) 09:19

コメントをありがとうございます。
「生徒さん達があんなに好きだった宝塚だから、そこから離れたら悲しむと思うよ」と。知人から言われました。そうか、そうだなって。
たまにでも観ましょう!そこは夢の国。でも、ときめきを感じるかどうかは人それぞれ。

かなめちゃんは、男役時代、特にトップになってからは私から見たら仮面を被っていたようにも思えます。今はその仮面を取ってノビノビと。でも、将来への不安も感じつつ過ごしているように思え、独りの人として幸せであって欲しいと願うばかり。

1789ね、友人が声を掛けてくれそうなので・・・観るかも?です。

No title
bluebell #- - URL
2015/10/19 (Mon) 07:54

お久しぶりです! 毎日のように訪れている一人v-238です。 教えて頂いた新聞記事やtwitterでの動画も探して拝見しました。 ありがとうございました。 静止画像も美しいのですが、動いているかなめちゃんは優雅でしなやかで本当に素敵でしたね。 身びいきかもしれませんが、今までのOGさん方とは違ったオーラを感じます。お顔も時には凛々しく、時には優しい、柔らかい雰囲気を纏ってます、、監督さんの中には映像の世界で使いたいと思っている人がいるのではないでしょうか。

宝塚を卒業するって「生まれ変わる」という事でもあるのですね。 本来の女性に。
不思議な体験なのですね、きっと。 だからこそどんな風に殻を破って出てくるのかしら・・・という興味が湧きます。
男役が好きという方には、物足りなくて去っていく方もおられるでしょうね。 
でも彼女は男役という枠を超えて惹かれるものを発しているような気がしています。
私の場合は男役のかなめちゃんを切望するというより、彼女自身の現在とこれからに非常に興味を持っています。 
彼女は意外とお茶目でブログでも「素」が見え隠れしていて面白い人ですね。

私は宝塚への興味が失速中です。 不思議ですね。 決して嫌いではないし、たまに見に行くスタンスに戻ってます。 かなめちゃんに出会う前はたまに行ってました。でも好きな人も現れず、見た演目も忘れてるくらいの、超軽いファンでした。かなめちゃんに出会ってから、俄然ほかの組にも興味を持って見ていました。 コアなファンになりつつあった一時期でした。 今はかなめちゃんのこれからを楽しみに、そしてたまに宝塚の華やかさを味わいに劇場に向かうと思います。
人それぞれのスタンスで楽しみましょうね!!
でもかなめちゃんの1789は遠くからでもよろしいのでご覧になるチャンスがありますように!!

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する