こんにちは。

bluebellさんよりプレビューの感想を頂きました。

メールフォームからの投稿でしたので、改めてこちらへアップ致します。


昨日「1789」のプレビューに行ってまいりました。
かなめちゃんのマリー・アントワネット様は比類なき気品に満ちた美しさとたおやかさを
見せてくださいました。宝塚の男役だった人にとって女性の役をすることは想像以上に大変なことなのだと思います。本来なら女性なのですからそのままで良い部分までも、所作や声のトーンまでも男性を作ることに専念してきたところを先ずそぎ落とし素の女性になるまでに時間がかかるのだろうと想像します。このひと手間を超えて「人間」としての女性を演じるベースにたどり着くのかもしれませんね。
かなめちゃんは今その渦中にいるのだと想像します。
今まで聞いたことのない、見たことのないかなめちゃんに会えますよ!
芝居心がある人ですから、マリーのいろんな側面を表現してました。かわいいトキメキの乙女な部分から、母親の慈愛から、最終的にたどり着く大人の女性、王妃としての責任感をもった凛とした佇まいまで、マリーの成長を違和感なく表現してました。さすがです!!
せりふ回しにも違いが表れてます。最後の方のマリーが落ち着いたトーンでぴったりでした。
肝心の歌ですが、これまたきれいなソプラノも聞けます。
しかし低音部からいきなり高音部に飛ぶという難しい楽曲ですから、他の出演者も苦労されてると感じました。かなめちゃんにも課題が残りますが、絶対に進化すると確信してます。頑張れ!! かなめちゃん!! 
出待ちに参加しましたが、舞台上では感じませんでしたが、痩せておられました。
栄養をつけて乗り切ってほしいですね。

そして久々に男女混合?!の舞台を見て、その迫力に圧倒されました。
「1789」の持つエネルギーと永遠のテーマに感動しました。
今なお市民が圧政に苦しむ国がありますが、見せてあげたい気がしました。。。


bluebellさん、ありがとうございます<(_ _)>
そうですか、お芝居は丁寧に演じてられるようですね。
痩せてられましたか・・・ストイックなかなめちゃんの事だからお稽古に集中して神経を使っておられるのでしょう。
初めての大きな舞台ですから、それは想像できますね。
体力的には自信をお持ちだと思います。最後まで無事に務められると信じて。
歌は・・・進化を信じて待つことにしますね(^∇^)ノ


関連記事

Comment

No title
bluebell #- - URL
2016/04/13 (Wed) 17:58

何度もお邪魔します!
もうご存知でしょうが昨日のかなめちゃん初日のカーテンコールの映像が出ていますね。
https://www.youtube.com/watch?v=gNbZzHGPTDQ&nohtml5=False

一部を見る限りでは、とても良い感じですね。 かなめちゃんのご挨拶ではカンパニーの人たちも拍手を下さっていて好感を持ってくださってると感じ、嬉しいです。
きっと日々進化し、ますます素晴らしいマリーになっていかれるでしょう。

お知らせまで。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する